So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

挿し木トマト定植 [園芸]

先日、わき芽を挿し木した苗を定植します。
結局半分ぐらいはうまく苗になりませんでした。
うまくいったのは軸がすっと長い新しいわき芽のほうで木の下のほうに出来ていたわき芽はほとんど枯れてしまいました。

ポットか出してみると根がびっちり張っていました。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが・・・。
挿し木をしてすぐは水の吸い上げなどうまくいかなかったらしく葉の先が黄ばんでしまいましたが何とか物にはなりそうです。
この先、生育して実をつけてくれれば良いのですが。

IMG_1988_2.jpg

3月11日播種、4月7日鉢上げ、5月11日定植のトマトの生育状況。

ミニトマトのアイコは実が赤くなり始めました。

IMG_1989_2.jpg

中玉トマトのシンディーが一番進んでいて少し収穫できています。

IMG_1990_2.jpg

大玉トマトはまだまだ緑色。
これから白っぽくなってから赤くなるからまだ時間がかかりそう。

IMG_1991_2.jpg

全体的に生育が遅いようです。
天気は良かったですが気温がそんなに上がっていないからかな?

タマネギ、ニンニク収穫 [園芸]

6月になりもうじき梅雨。
梅雨前に収穫時期を迎えるのがタマネギとニンニク
昨年の秋に植えつけてから収穫まで9ヶ月もかかります。

タマネギは葉が倒れてきます。
手前の赤タマネギはまだ少し葉が立っているので後日収穫します。

IMG_1984_2.jpg

ニンニクも葉が枯れてきています。

IMG_1985_2.jpg

収穫したタマネギを10コほど一緒に縛って吊るして保存します。
品種によってですが年内いっぱい保存できるものと年明けで2月ごろまで保存できるものとあります。

IMG_1986_2.jpg

ニンニクもまとめて縛って吊るしておきます。
昨年は春先にサビ病でやられてしまって小さかったり収穫できなかったりしたけど、今年は大きく数も多く収穫できました。

IMG_1987_2.jpg

トマト挿し木 [園芸]

今年はトマトの苗をセルトレイに播いたけど、あまり発芽率が良くなかった。
これから種を播いても成長するのに時間がかかるけど苗の数を増やしたい。
増やしてみます。

前日トマトの芽かきをしたときのわき芽をとっておきました。
これを苗に育て上げます。
わき芽でも下のほうにできていた葉が4~5枚開いているものと、上のほうの葉が2~3枚開いているものとどちらが良いか解らないので両方試してみます。

IMG_1972_2.jpg

このわき芽の切り口を水につけておきます。
できれば少し液肥を入れたほうが良いかも。
初めは液肥を入れたんだけど、その後は水だけ足していたら元気が無くなってきたような気がします。

IMG_1973_2.jpg

約1週間で水につけてあったところに根が出てきます。
植物は強いですね~。

IMG_1981_2.jpg

ポットに鉢上げで使っている腐葉土+黒土を入れ根の出てきたわき芽を挿します。
これだけです。
挿し木用の培土も売っているのでそちらを使うのが理想ですが今回は試しなので。
まだ根が未熟なので十分に底面給水させます。
しばらくは日陰のほうが良いのかな~。それともいっぱい水をあげれば日なたでも良いかな。

IMG_1982_2.jpg

スイカ定植2回目、ズッキーニ摘葉 [園芸]

スイカの2回目に播いた苗を定植します。
もちろん1回目と同じ間隔で植えました。
2回目の苗は発芽が悪かったりアブラムシが付いたりあまり良くなかった。
定植後に元気になってほしいです。

IMG_1975_2.jpg

奥の方のワサワサしているのは1回目のスイカ。
こんなに伸びています。
先週の半ばあたりから人工授粉していたので実もなり始めてきています。

IMG_1976_2.jpg

ズッキーニも収穫開始してからだいぶ経ちますがスイカ以上にワッサワッサしていました。
なので不要な葉っぱを取ってしまいます。
実を収穫した下の葉っぱは取ってしまって良いらしいですが少し残して後はバッサリいきました。
だいぶサッパリしました。

IMG_1978_2.jpg

トマト芽かき [園芸]

トマトも順調に生育し花も咲き小さい実もなってきました。
生育してくるとトマトの節(葉の根元)から新しい芽が出てきます。

IMG_1969_2.jpg

トマトの栽培では他に栄養が行かないようにわき芽を取ってしまいます。
キュウリは枝を増やしていく栽培ですがトマトは1本仕立てで栽培します。
これからもわき芽が出てきたら芽かきしていきます。

IMG_1971_2.jpg

キュウリ初収穫(仮) [園芸]

キュウリの今年初収穫です。
けど短いです。
この品種は本来もっと長いのです。
ウリ科の最初の実はあまり良くできないんです。
スイカなんかは最初のみは摘果してしまうぐらいです。
もう少しすれば本来の長いキュウリが採れるでしょう。

IMG_1967_2.jpg

ズッキーニ収穫、カルシウム剤散布 [園芸]

今年の夏野菜収穫第一号はズッキーニでした。
ズッキーニは生育が早いです。
収穫時期もかなり未熟なうちの収穫です。
今年はチャンと受粉をしたのでしっかりしたズッキーニが収穫できました。

IMG_1965_2.jpg

他の野菜も生育が進んできているので栄養剤としてカルシウム剤をかけてあげます。
500倍に薄めて葉面散布(特に成長点)します。
トマトの尻腐れやジャガイモも小形芋防止など他にも色々な効果があります。
カルシウムは土壌中にあっても吸収されにくいので葉から吸収させます。
今日はジャガイモに散布。
キタアカリやアンデスは小さい芋が多いですがカルシウム剤をかけるようになってから大きい芋が増えた気がします。

IMG_1966_2.jpg




トマト鉢上げ2回目 [園芸]

トマト2回目の鉢上げです。
播種が4月23日。
いつの間にかに大きくなっていました。
それにしてもセルトレイでは発芽率が悪かった。
やり方が悪かったのかな~。
来年は苗箱に戻そう。

IMG_1962_2.jpg

コキアも大きくなっていました。
コキアは食べ物じゃないけど・・・。
いわゆる「ほうき草」です。
夏は緑色で秋には真っ赤に紅葉します・・・たぶん。

IMG_1963_2.jpg

コキアは苗が大きくなりそうなのでポットも大きいものを使いました。

IMG_1964_2.jpg




キュウリ誘引 [園芸]

キュウリが生長してきたので支柱に誘引します。

テープナーを使います。
テープとホチキスの芯をセットしておきます。
テープの先を少し出しておきます。

IMG_1956_2.jpg

カチっと音がするところまで軽く握ります。

IMG_1957_2.jpg

グリップを離すとテープが引き出されます。

IMG_1958_2.jpg

支柱とキュウリをテープで囲むようにしてガチャっとグリップをしっかり握ります。

IMG_1959_2.jpg

テープをホチキスで止められて支柱にキュウリが止められます。

IMG_1960_2.jpg

マックスの「テープナー」はテープの種類が色々出ています。
光分解テープを使っていますが分解するのかな?
まあキュウリの生育が終わるころには若干テープが弱くなって切れやすくなっているかな。
光分解より生分解なら土に混ぜてしまっても大丈夫なんだろうけどな~。





ニチバンの「とめたつ」はテープを圧着させてホチキスの芯を使わないタイプ。
マックスと違ってテープは1種類。
これから分解タイプのテープも出るのかな。




トマト支柱立て [園芸]

昨日植えたトマトに支柱を立てます。
ほおっておくとすぐにも倒れそうなので押さえてあげます。

IMG_1954_2.jpg

支柱を挟み込むようにして使うクリップを使います。
数も多く必要で値段もチョッと高いですが繰り返し使えてしっかり押さえられます。

IMG_1955_2.jpg

支柱の太さに合わせて色々なサイズが売っています。
ウチでは20mm用を使っています。




前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。