So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

夏野菜播種2回目 [園芸]

キュウリ、スイカ、トマトの夏野菜とレタス、サニーレタスの2回目の種まきしました。

IMG_1928_2.jpg

その他にコキア、バジル、パクチーも播きました。

IMG_1930_2.jpg

キュウリは苗箱に筋蒔きしました。
播いたところは少し山になるように土かけします。

IMG_1929_2.jpg

スイカも苗箱に播こうと思ったらそんなに種の数が無かったので連結ポットに播きました。
レタス、サニーレタスも連結ポットです。
写真は撮り忘れました・・・。

トマトはセルトレイに。
1回目は一番外の穴は芽が出なかったり枯れてしまったけど今回は大丈夫かな?
トレイの穴数に余裕があるのでコキア、バジル、パクチーも一緒に播きました。

IMG_1931_2.jpg

左のほうに土かけしてない・・・。
パクチーを播こうと思ったんだけどパクチーは播く前に準備が必要です。
種を軽く押して殻を割って水に数時間つけてから播きます。
なので後からパクチーを播くため場所を空けておきました。

IMG_1932_2.jpg

サトイモ・ショウガ植え付け、ズッキーニ定植 [園芸]

サトイモの種芋を植えます。
10cmほど溝を掘り、芽が出るほうを上にして植えつけます。

IMG_1923_2.jpg

株間30cmで種芋を置き土をかけます。

IMG_1924_2.jpg

ショウガは種を適度な大きさに折り分けておきます。
サトイモ同様10cmほどの溝を掘り20cm間隔でショウガを置き土をかけます。

IMG_1925_2.jpg

ズッキーニの苗をポットから出してみると根が張っていて土も崩れません。
しっかりと根鉢が形成されていました。

IMG_1926_2.jpg

幅140cmの畝に黒マルチ(180cmのものを使用)を張り株間120cmで2畝に千鳥になるように植えました。
穴がたくさん開いているのは・・・昨年使ったマルチなもので。
60cm間隔に穴が開いていたので1つおきに植えました。

IMG_1927_2.jpg

エダマメ定植 [園芸]

3月22日に播いたエダマメを定植します。

前日の午前中に底面給水させ午後に余っていた水を捨てておきます。
苗の土が濡れすぎていると器具に土がくっつくし、乾いていると土が崩れてしまうので程よく湿らせます。
セルトレイで育てた苗は根っこが張っていてトレイから綺麗に抜けます。

IMG_1919_2.jpg

定植器を土に挿し苗をいれグリップを握りながら引き抜けば定植できます。
あまり早くグリップを離すと苗をはさんでしまいます。

IMG_1920_2.jpg

これからは毎週定植して、毎週種を播きます。

IMG_1922_2.jpg




夏野菜鉢上げ [園芸]

トマト、ナス、スイカ、ハグラウリ、キュウリを鉢上げします。

IMG_1913_2.jpg

キュウリ、スイカ、ハグラウリは苗箱から先割れスプーンを使って取り上げます。

IMG_1914_2.jpg

トマト、ナスはセルトレイなのでそのまま苗を抜くだけ。
でもまだチョッと早かったから根があまり張っていないので土が崩れて根っこだけになってしまったものも多かった。
もっと成長してからなら土も崩れずスポッと抜けます。

IMG_1916_2.jpg

今までは苗箱を使っていましたがセルトレイのほうが苗を抜くのが楽なのでセルトレイを使いましたが一番外の列の苗は途中で枯れてしまいました。
寒さにあたったのかな。
思ったほどの苗数が出来ませんでした。

ポットに腐葉土+黒土を入れて鉢上げします。
腐葉土を寝かしすぎてほぼ土になってしまったので今年は少し馬糞の堆肥を混ぜました。

IMG_1917_2.jpg

アブラムシがつきやすいナスやキュウリにはキラキラの虫除けテープを張っておきます。

IMG_1918_2.jpg

エダマメ播種 [園芸]

エダマメをセルトレイに播きます。
まず種まき培土に水を含ませます。
いつも使っている培土は買ったままだと水分が低く、そのままだと底面給水しにくいです。
ある程度湿らせたほうが水の吸収が良くなります。
最初からもっと湿らせておいてくれれば楽なんだけどな~。
水分を含んでいると運搬するときとか重いのか。

IMG_1910_2.jpg

種まき手順はいつも通り。
セルトレイに土を入れ同じサイズのセルトレイを重ね押し込み種まき穴を作る。
エダマメの種を1粒ずつ入れ土をかけ給水トレイにのせて底面給水させます。

IMG_1911_2.jpg

実は今年のエダマメ播種は今日が2回目。
1回目は3月22日にやってあります。
左が今日播いたトレイ、右が3月22日に播いたトレイ。
右のトレイのほうは芽が出始めています。

IMG_1912_2.jpg

ズッキーニ、カボチャ鉢上げ [園芸]

3月11日に播いた種もだいぶ発芽してきています。
ズッキーニ、カボチャは苗が大きいので苗箱では込み合ってきました。
特にズッキーニは生長が早いです。

IMG_1908_2.jpg

鉢上げします。
ポットには腐葉土と黒土を混ぜたものを使います。
苗を先割れスプーンで取り上げてポットに入れ土を足してあげます。

IMG_1909_2.jpg

後はいつも通り底面給水で充分に水をあげます。

ニンジン播種、ジャガイモ植え付け [園芸]

今年のニンジンはハウスの中に播いてみます。

IMG_1903_2.jpg

黒マルチを張り畝間、株間ともに15cmで穴を開け種を2~3粒ずつ播きます。
後日、間引きします。

IMG_1902_2.jpg

ジャガイモは2つに切って切り口に灰を付けます。
切った種芋の両方に芽があるように切ります。

IMG_1905_2.jpg

写真はメークイン。
他にキタアカリとアンデスレッドを植えます。
今年買ったキタアカリの種芋は小さいものばかりで切らずにそのまま植えました。
株間30cm、畝間60cmで植えます。
畝間60cmは後日、土かけすることを考えるとチョッと狭かったかも。

IMG_1907_2.jpg

夏野菜播種 [園芸]

今年も夏野菜の種播く時期が来ました。

播いたのは

トマト、中玉トマト、ミニトマト、ナス、
キュウリ、スイカ、オクラ、ズッキーニ

IMG_1893_2.jpg

カボチャ、トウガン、ハグラウリ、インゲン、
ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、サニーレタス、レタス

IMG_1894_2.jpg

キュウリ、スイカ、ズッキーニ、カボチャ、ハグラウリは苗箱に筋撒きします。

IMG_1895_2.jpg

トマト3種類、ナス、ピーマンはセルトレイに撒きます。
今年初めてやってみるのでどうなるか。

IMG_1896_2.jpg

オクラ、インゲンは連結ポット。
下半分に鉢上げ用の土を入れ上半分は種まき培土を入れます。

IMG_1897_2.jpg

種を撒いて土をかけたら給水トレイに乗せて底から底面給水させます。




インプレッサ レイル アンダーパネル [自動車]

久しぶりにインプレッサに新しいパーツを付けました。
アンダーパネルです。
もうGC8のパーツを探すのは大変です。
新しいインプレッサ対応品はあっても20年も前の自動車になるとなかなか無いんです。
見つけたのはレイル製のアンダーパネル。
受注生産でしたが納品まで約2週間で手ごろな価格で入手できました。

もともとアンダーパネルは付いていたのですがシムス製のエキゾーストマニホールドを付けた際に干渉してしまうので取り外していました。
でも、この前エキゾーストマニホールド耐熱バンテージを巻き直してもらったので、それを保護するためにまたアンダーパネルを付けることにしました。
アンダーパネルを付けることで車体の保護をするだけでなく、ボディ下面の空気を整流してダウンフォースを発生させたり、エンジンルームの空気の流れを変えスムーズに廃熱するといった効果もあります。
デメリットとしては重さが4.5kgあるのでその重量かな。

取り付けはまず3種類のステーを取り付けます。

説明書通りにいくと車体メンバーに付属ねじで左右2つ取り付けます。
IMG_1889_2.jpg

左右のスタビライザー取り付けブラケットに既設のねじで共締めします。
IMG_1888_2.jpg

ジャッキアップ部に既設ねじで共締めします。
IMG_1887_2.jpg

アンダーパネルを付属のねじで仮止めし、ステーの位置を調整したら各ねじで固定します。
IMG_1891_2.jpg

って言ってもオイル交換のついでに整備工場でつけてもらったんですけどね。
パネルを抑えたり少しお手伝いをしましたけど。

シムス製のエキゾーストマニホールドとも隙間が充分あり干渉していません。
IMG_1890_2.jpg

ついでじゃないけどセットで買ったラジエタークーリングパネルも取り付けました。
ラジエターに当たる空気が上に逃げないようにするパネルです。
フロントグリルとラジエターサポートブラケットをはずしパネルをパイピングなどに干渉しないように位置を合わせラジエターサポートブラケットと共締めしフロントグリルを戻します。
効果あるのかな~。
IMG_1892_2.jpg




CP+2017 PENTAX DFA★50mmF1.4 [趣味]

カメラの祭典CP+に行ってきました。

昨年はPENTAX K-1の発売発表があり、発売前に触れる機会だったので楽しみに行きました。
他のメーカーもフラッグシップ機が新しく発売するので他にも見てみたいものが多かったです。

今年は・・・特にないです・・・・・。
でもCP+開催数日前にPENTAXが新しいレンズを展示するという情報が入りました。
フルサイズ対応のDFAレンズ、それも単焦点50mm、それもそれもスターレンズ。
まさに出てほしいレンズが出てきました。
なので見に行ってみることにしました。
事前登録すれば無料だしね。

会場では受付を済ませパスをもらい早速PENTAXのブースへ。
・・・無いんですよね。RICOHです。

IMGP3142_2.jpg

今年のPENTAXの目玉はKPでしたね。
昨年のK-1ほどじゃないけど体験は少し並ぶみたいでした。
私はKPには目もくれず、お目当てのレンズを物色。
K-1を使ってお試し撮影できれば良いな~と思っていたけどダメでした。
と言うよりDFA★50mmF1.4レンズの発売が決まったってだけで、まだ実物はありませんでした。
模型?っぽいものがショーケースに入っていただけでした。
近くにいたスタッフに話を聞いてみると大体の形ができてきたので発売するという発表したとのこと。
まだ重さや最短撮影距離など細かなスペックも発表できる段階じゃないそうです。
レンズの名前もまだ「DFA★50mmF1.4」とだけになっています。
コーティングもHDかSMCなのか解らない。
モーターもSDMかDCかも解らない。
防塵防滴もAWかWRかそれとも無いのかも解らない。

さすがにスターレンズとして発売するからには最高のコーティングがしてあり超音波モーター搭載で完全防塵防滴仕様のレンズでしょう。
値段も高そうだけどね~。
50mmの単焦点レンズはカメラの基本だしK-1でも使えるフルサイズ対応レンズだから買っちゃうかな~。
ちなみにDFA★85mmF1.4も発売になるらしいです。
ともにいつ発売かはにごらされてしまいました。

IMGP3144_2.jpg
前の10件 | -